身バレ対策はしっかり

唇に指を当てる女性
専用サイトでメールレディに登録する際、本人確認のために身分証の提示が必要になります。しかし登録後は氏名・年齢などを公表する必要はありません。むしろ身バレ防止のために偽名を利用したり、年齢をごまかしたりすることをオススメします。

ノンアダルトであったとしても、メールレディとして働いていることを知られるのは避けたいと考える女性は多いでしょう。氏名や年齢、または住んでいる場所などから本人の特定に繋がる可能性もあるため、できる限りの身バレ対策を行っておくべきです。

女性側が男性へのアピールのために利用するコンテンツには、写真動画などがあります。コンテンツを充実させればさせるほど顧客はつきやすくなりますが、自身を露出しすぎると知り合いにバレてしまうかもしれません。カメラアプリなどで加工するか、徹底的に顔を隠すなどしておくと安心です。

また、写真や動画などのコンテンツは流出の恐れがあります。サイト側のセキュリティがしっかりしているか事前に確認し、万が一流出しても自分だとバレないように工夫することをおすすめします。

職場や家族などにバレてしまうとあまりいい印象は持たれないかもしれません。しかし対策次第でこっそりメールレディを続けられますし、自分とは違うキャラを作り出すことで割り切って働けます。

男性とのコミュニケーションの中で、実際に会ってみるという行為は避けましょう。相手に悪意がないかどうかはメールだけでは把握できませんし、トラブルが起きてからではサイト側も責任が取れません。

サイト上だけのやり取りを心がけ、トラブルを回避することも大切なので、身バレを避けつつ顧客獲得を目指すようにしましょう。